どのレンタルサーバーがいいのかなんて分からない!!

レンタルサーバーの意味を知った私達はそこから先に進むことになり、どのレンタルサーバーがいいのか選ばなくてはいけなくなりました。
友達はまだ、私を逃がしてはくれないみたいです。でも、ちょっとずつ興味がわき始めてしまっている私はかすかに友達よりも積極的に調べ始めているのです!自分でもびっくりしていた時、友達は心の中でニヤリとしていたことでしょう。
友達のしてやったり感を感じながらもレンタルサーバーを選ぶため、パソコンとのにらめっこが開始。レンタルサーバー選びに奮闘し始めたのです。
まず、度肝を抜くレンタルサーバーの数に見入っていました。そんなにいっぱいあってどうするんだって感じです。
全部を調べることは不可能なので、そこだけはすぐに2人ともあきらめ、絞っていこうといくことになりました。ただ、このあとすぐに壁にぶち当たることになったのです。

おすすめサイト

[PR] ポイントでお小遣い稼ぐならi2iPoint
[PR] 電力を比較してお得なプランを探すならエネチョイス!

壁・その@「レンタルサーバーの種類なんてあったんだ」

初心者の私達がレンタルサーバーを知った気でいたのがいけなかったのです。はじめの壁はレンタルサーバーの種類でした。共用レンタルサーバー、専用レンタルサーバー、仮想専用サーバー、そんな種類があったのを見落としていました。なんかまた1からといった気分です。
そんな気分に浸りながら、とりあえず調べていかないと先には進まないので調べていきました。
まず、共用レンタルサーバーから倒していきたいと思います。ほとんどのレンタルサーバーがこの種類となり、1つのサーバーに対して複数のユーザーといった形になるようです。さらに料金が安いとのこと。この言葉に目をひかれます。
次は、専用レンタルサーバー。これはサーバーを丸々、自由に利用できるみたいです。ちょっと本格的すぎて無理そうです。しかも、料金は高いみたいで、この瞬間、私達の気持ちは一気に共用レンタルサーバーへと向きました。そんな本格的でもないですし。 最後は、仮想専用サーバーです。これはバーチャル・プライベート・サーバー略してVPSとも呼ばれているようで、仮想的に作られた環境の中だけで自由に使えるもののようです。なんかよく分かりません。 とりあえず、基本は共用レンタルサーバーと専用レンタルサーバーのようなのでこの2つから考えて選び、はじめは共用レンタルサーバーに決定。1枚目の壁は破られました。